Skip to Main Content

Java EE (Java Enterprise Edition) General Discussion

Announcement

For appeals, questions and feedback about Oracle Forums, please email oracle-forums-moderators_us@oracle.com. Technical questions should be asked in the appropriate category. Thank you!

Interested in getting your voice heard by members of the Developer Marketing team at Oracle? Check out this post for AppDev or this post for AI focus group information.

Adopt-a-JSR Project -Japanese

brjavamanMar 22 2016 — edited Apr 6 2016

はじめに

このプログラムは、Java ユーザ・グループに所属するメンバー、個人、会社組織のメンバーが Java Specification Requests(JSRs) に対して、何らかの参加・貢献を促進するために作られたプロジェクトです。開発者レベルで草の根的に、現在の Java もしくは新しい Java 標準に対して参加・貢献ができるようになります。JSR には、Java SE 8 の新機能である Date & Time API の他、エンタープライズ Java の各種 API 、さらには今後リリースされる予定の Java EE 8 に含まれるクラウド対応機能などの全 Java エコシステムがカバーされています。ご参照 : ”利点”と”焦点


Adopt A JSR の参加者

Adopt A JSR の参加者はコチラをご覧ください。ご参照: Adopt A JSR への参加者 また、”活発的に活動している JSR”と”JSR の活動状況


参加方法

下記に、参加するための全ての手順について記載します。


サイン・アップ

下記のプログラムを通じて参加ができます。

  1. java.net プロジェクトに参加
  2. メーリング・リストへの登録 Mailing Lists- へログインが必要-(Adopt a JSR のエチケットをご参照)
    1. members@adoptajsr.java.net - グローバルのメーリングリスト(英語)
  3. IRC: @adoptajsr チャンネル irc.freenode.net (Adopt a JSR のエチケットをご参照
  4. Twitter: @adoptajsr のフォロー(#adoptajsr ハッシュタグを利用)
  5. ニュース・ペーパ:(ニュースの購読)
  6. Facebook : 「いいね!」FaceBook ページ
  7. Github : Adopt a JSR の Github へ参加
  8. スタート・キット:ハック Day やハンズオン等のイベントに参加する前に参照する為のリソース、またイベント主催者、発表者用のまとめ

はじめの作業

ご参照:はじめの作業

Adopt a JSR の取り組み

ご参照:Adopt a JSR の取り組み

JSR における作業内容

ご参照:JSR における作業内容

発表内容、プレゼンテーション、リソース

ご参照:発表内容、プレゼンテーション、リソース

プロジェクトとコード

GitHub をご参照:プロジェクトとコード

成功事例

いままでと何が変わったのか?!何を実施したのか。 ご参照:成功事例

各JSRへの取り組み

[戻る]

Comments
Post Details
Added on Mar 22 2016
0 comments
980 views